不安に対するブッダの考えとぼくの雑感

 いきなりだが、ぼくは常に理由のない漠然とした不安に駆られている。そこにひとたび具体的な対象が与えられると、不安は恐怖や強迫観念に転換して俄然勢いを増していく。これはぼくのどうしようもない性質なのだと、ある種シニカルな諦観を決め込もうとしていたのだが、同時に俗物の自分には完全に諦めきることはできないだろうとも感じていた。

 そんなこんなで悶えるような日々をずっと過ごしているのだが、最近、不安に対する新しい知見を得たので備忘録代わりに記したいと思う。これが誰かの役に立つかは分からない。自分の役に立つのかさえも…

 

 ブッダの言葉に「不安は妄想である」というものがあるそうだ。原義がどのようなものか、どういう訳し方をしたのか、参照元は…など、気にするときりがないが、まあ、その言葉に対してある程度腑に落ちるところがあった。

妄想の精神医学的な定義をいくつか引用すると…

 1.強固に維持される誤った信念である

 2.不正確な推論に基づく

 3.証拠や反証にかかわらず維持される

 どうだろうか。「事実でない」=「まだ起こってもいない」事柄について「訂正不可能」な不安を感じている、というところにぼくが抱く不安と、妄想の共通点を見出して納得した。(というか、精神医学の方に当てはまったならもうそれ病気か?)

 まあとにかく、こういうことを踏まえて、不安に対する対抗策として今ぼくが興味を抱いているのがvipassana瞑想と呼ばれる瞑想法である。vipassanaとはパーリ語で「観察する」という意味で、vipassana瞑想は自分の認識したことをつぶさに観察する瞑想法である。

 これまで「何もしていない」時間が多いと感じていたが、「何もしていない」ことなどありえないとこの瞑想によって気づいた。つまり、息を吸った・息を吐いた・まばたきをした・今一瞬気が散った・服が体に触れるのを感じた・冷蔵庫が唸っているのに気付いた・メガネが重い・手の筋肉が動いた・キーボードからの圧力を感じた……など。

 今まで不安という妄想の彼方に思考が飛んでいたところを、こうした数え切れないほどの客観的観察によって現実という確固たるものに引き戻されている実感が得られた。これを続けてみれば、何か得るものがあるかもしれないと感じた。覚醒して空中浮揚とかできるようになったらまたブログで報告したいと思います。

 

 追記:書いたものを見直したら予想以上に(なに言ってんだこいつやべえ…)感が強かった。そのうち消すかもしれん。

 

発表会に病院送りにされた男

大学の課題の発表会に病院送りにされた

 

……?

 

 ぼくの学科では4年次にグループワークが課されることが昔からの伝統となっており、その過酷さについては、みな学生実験の頃からTAの方々や先生方等より聞き及んでいるところとなっている。その課題について尋ねると、聞く人聞く人が「やー、発表の前は先輩巻き込んで連日徹夜で作業したよ(笑)」などと冗談半分で下級生を脅しにかかるものだから、4年生はビビりまくった状態で研究室に配属されることになる。

 そんな中、ぼくなんかはヒネクレているので(まー、誇張してるだけでしょ。苦労したアピール乙)などと高をくくっていたし、実際てきとーに力を抜きながらやれば特に全然大したことはなかった。インターネットでよく見かけるブラック研究室に比べれば拘束時間も問題にならない感じだった。

 しかしさすがに発表一週間前くらいになると徐々に忙しくなり始め、朝から晩まで研究室にいて家には寝に帰るだけ、という状況になってきた。前々日は3時間睡眠、前日は完徹、という状態でフラフラしながら発表に臨んだ。教授の質疑応答なんかも相手が何言ってるか全くワケワカンナイ状態で適当に流していた。

 そんなこんなで死にかけながら発表を終え、昼休みに研究室に戻ろうとして、気付いたら口の中で唾が全く出なくなっておりそのまま倒れこんで病院に運ばれた。病院では色んな検査をしたが、全部の値が正常だったようで過労と結論付けられた。そのまま点滴をしているといくらか楽になって、帰宅できた。

 やっぱり駄目だよ、根詰めたり頑張ったりなんかしたら。人間っていうのはね、いい加減に流して生きるのが自然で正しいことなんだ、と再認識するに至った。そういう意味でこの経験を糧にしていきたい。

 あと、これからは「あの課題は疲労のあまり病院送りにされた先輩がいるくらいヤバイ」という闇の噂がさらに下級生たちを震え上がらせることになるかもしれないと思うと面白い。

 

 

 

お酒とか、大学とか、世の中の煩わしい事とか

 (今日こそはお酒を飲まないぞ!)と誓ったその日の晩に飲むビールは非常に美味である。この記事も、平日の晩に飲みながら書いている。

 今月中にやらなくてはいけないことは山のようにあるが、一切手を付けずにギリギリまで引っ張っている。ギリギリまで引っ張って、やることといったらぼーっとインターネットをしながらお酒を飲むという有様である。どうしようもない。未来の自分が、際のキワでなんとかしてくれていることを祈るばかりである。

 最近はとても寒いので、追加のお酒をコンビニに買いに行くのが億劫で家にウィスキーを常備している。最初は(飲むならこの不味い酒だ。どうだアルコールというのものは不味いだろうぼくの体よ)と、さらなる飲酒を抑制するためにウィスキーを利用していたのだが、どうも最近、なんとなくウィスキーも美味しいんじゃないかと思えるようになってきた。好きな物が増えるのはいいことだ。

 ここまで読むとぼくが酒好きでどうしようもないやつのように思えてくるが、別にそんなことはない。何もやりたくないから酒を飲んでいるのである。…やっぱりどうしようもないやつなのかもしれない。

大学とか、世の中の煩わしいこととかについて書こうと思っていたが、そんなことはどうでもよくなってきた。

 普通の時にはランダム再生で流れてきたら飛ばすような曲が、なぜだか泥酔しているときは涙を流すほど感動することもある。そういう種類のことが、結構人生の楽しみになっている。そんな感じである(どんな感じだ?)。

 

 

 

ワザ

 ぼくはこの前までTeXを使ってレポートを書いていた。それというのも「数式を書くならこれしかないよ」みたいな文言をいつかのどこかで目にした覚えがあったからで、数式がいっぱい出てくるレポートを課されるようになってからはゴリゴリとTeXのコードを書いていた。

  それで、今後もこれで書いていくか、と思っていたのだが教員がWordファイルでのレポート提出を指示したので、気が乗らないまま殆ど触ったことのないWordをよっこいせと起動したのだった。

 まー今どきのソフトウェアというものは直感的に分かりやすいように作られていて、GUIをちょいちょいといじれば目的の結果を引き出すことなんて容易い。ぼくは頭を空っぽにしながら、[数式の挿入] とか[上付き文字]とかをマウスでポチポチし、めんどくさいな~完成、はい提出~となった。

 これからWordでレポート書いていくのか~やだな~と思いつつ、いつものようにぼんやりネットサーフィンをしていると、なんと!Wordは2007辺りから数式入力機能が強化されていて、実はマウスをポチポチせずともコマンドやショートカットを駆使することでキーボードからほとんど手を離さないでゴリゴリ書けるらしいことが判明した。ぼくがポチポチしてたのは何だったんだ。

 WordにもTeXみたいな機能があるんじゃないかという予想は、自然に思い浮かびそうなものだ。レポートを書いてたときのぼくはただ単純作業するマシーンと化していたので、萌系のお歌を聞きながら(はやく終わんないかな~)ということしか考えてなかった。反省。

 世の中予想以上に便利にできてるものだ。このワザを知らないままでいたらずっとポチポチし続けていつか「ふふ~ん、学生時代はWordでレポート書いてたし結構自信あるのだがw」という風になっていたかもしれない。こういうことは色々世間に溢れていると思う。ただの作業も、いかに頭をつかって楽をするかということが重要だ。

 面倒そうだから習得を後回しにしたり、古いものへの愛着から新しいものを敬遠したりとかしてると最終的に大きな機会損失を被ることになる。ぼくは基本的に新しいことを勉強するのが嫌いなのだがそうも言っていられない。はぁ。

 色々考えたけど、肝心のやる気の方はあんまり出てこない。頭の片隅にでも留めておくためにブログに起こしてみた。

 

 

ブログ

ツイッターの方ではその場で頭に浮かんできた短文を投げ込むといった使い方をしているので、長文を書きたいときにブログを利用したい。

…実は、フォロワーの方の面白いブログに触発されて自分も文章を書いてみたいと思って始めたというのが主な理由だ。しかしいつも断片的な思考しかしていないからか、ここまでのたった二文を書くのにも相当苦労を要した。はぁ。改めて思うがコミュ障どころの話ではない。次回の更新があるかどうかは怪しいところだ。